■プロフィール

草野河豚

Author:草野河豚
東北人。現在は実家で修行中。
乱読気味で、読む本にバラつき有り。
ラノベ・ミステリ・ファンタジーを比較的好む。
あと軽くオタ入ってます。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリ
■作者タグ
■リンク
■FC2カウンター
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
三島由紀夫『文章読本』
文章読本 (中公文庫)
 『文章読本』は小説の読み方を教える本である。また小説を書く時の作法本としても使える。その内容は、多くが「作家の一部の文章を引用・相互比較することで文の妙味を示唆」する物である。しかし単純に並べられるだけで終わる事もあって、内容の理解に至らない事もあった。(自分だけかもしれないが)

 今回読んだ物は、これまでの「文章読本」形式とは少し違う。作者が冒頭で掲げている通り、本書は読者を精読者にまで高めるのを目的とする。が、いきなり文章の味を説明するのではなく、「日本文学を構成する要素は何か」を文学史的に説いてから、文章の中身に入っていくのである。

 目次を見るだけでも、その構成がよくわかる。

第一章 この文章読本の目的
第二章 文章のさまざま
        男文字と女文字
        散文と韻文
        文章美学の史的変遷
        文章を味わう習慣
第三章 小説の文章
        二種類のお手本
        短篇小説の文章
        長篇小説の文章
第四章 戯曲の文章
第五章 評論の文章
第六章 翻訳の文章
第七章 文章技巧
        人物描写――外貌
        人物描写――服装
        自然描写
        心理描写
        行動描写
        文法と文章技巧
第八章 文章の実際――結語

 附  質疑応答


 一般的に概説するのとは違い、本書は多少専門的内容を伴う。しかし平易な文章で書かれており、読書に親しむ人ならすぐ読めるのでお勧め。小説を深く味わいたい人は読んでみると良い。また三島由紀夫自身の小説作法(心得?)のような物も書かれてあるので、作家の事を知りたい人は参考にすると良いだろう。

読書日記 | 18:56:33 | Trackback(0) | Comments(0)
森博嗣『笑わない数学者』
 偉大な数学者、天王寺翔蔵博士の住む「三ツ星館」。そこで開かれたパーティーの席上、博士は庭にある大きなオリオン像を消してみせた。一夜あけて、再びオリオン像が現れた時、2つの死体が発見され……。犀川助教授と西之園萌絵の理系師弟コンビが館の謎と殺人事件の真相を探る。超絶の森ミステリィ第3弾。
《文庫背表紙解説より》

 何度も途中で投げ出したが、ようやく読了。「文系は京極、理系は森」と言われる事もあるが、今作品を読んで、森は自分には合わないという事を再確認した。変に記号化された描写・表現と、いつまでも内輪で論議をしていく展開が受け付けなかった。事件解決までの過程で楽しめる物は、博士との対話くらいしかなかった。

*以下、ほんの少しネタバレ含む*




続きを読む >>
読書日記 | 22:45:21 | Trackback(0) | Comments(0)
梨木香歩『西の魔女が死んだ』
西の魔女が死んだ (新潮文庫)
 昨晩読了。喘息でうまく友達と溶け込めない「まい」が、療養のため祖母の宅に預けられる。祖母は魔女とされる変わった人で、まいに魔女の修行について色々教えてくれる。日々の生活を送りながら、まいは以前とは違う強さを学んでいく。そんな話。

 内容らしい内容もなく、まいが見聞きした物を追っていくだけの話だが、ことある毎に優しく褒めてくれる祖母の存在が愛らしい。また素直に感じるまいもなかなか良い。子供らしい思いこみの激しさもあるが、それもまた一興。全体的に穏やかな作品である。

 一応その後の話も収録されているが、こちらはおまけ程度に。

 ちょっと気分が沈んだ時、落ち込んでしまった時に読むのがお勧め。

 ラベル張りを終えると、まいはそのままテレビを見続け、おばあちゃんは裁縫箱を持ってきて、縫い物を始めた。
 そのうちテレビもおもしろくなくなってきたので、おばあちゃんのそばへ行き、何を縫っているのか聞いた。
「だれかさんのエプロンですよ。庭仕事用と台所用と」
 それを聞いて、まいは、思わずおばあちゃんの手にしているものを、もう一度見直した。古い水色の服が、裾から三十センチくらいのところで裁断されてある。おばあちゃんは、今その袖口にゴムを入れて縫い縮めているところだ。
「これは、まいのママのナイトウェアだったんです。上の部分はまいの庭仕事用のスモックにしてあげましょうね。裾のほうで、水はね防止用のかわいいエプロンが三つもとれますよ」
 まいは、反射的に、
「ふーん」
と言ったが、だんだん胸の中で暖かいものが広がってきて、
「おばあちゃん、大好き」
といつものように早口で呟いて、おばあちゃんの背中に頭をすりつけた。おばあちゃんも、
「アイ・ノウ」
 と微笑んで言った。

《新潮文庫版50~51頁》



読書日記 | 12:41:19 | Trackback(1) | Comments(0)
夏目漱石『こころ』
こころ (新潮文庫)
 古典中の古典。内容・粗筋は有名すぎるので以下略。
 先生という主人公を外面・内面から丁寧に描き出している。利己心・自責の念をこれでもかと描写。読了後は厭世的な気分になる事請け合い。

 人を信じなくなって、自分も信じられなくなったら終わりだなと痛感した。

 さぁ、そろそろ元気になる本を読もうか。
 

読書日記 | 19:31:26 | Trackback(1) | Comments(0)
古橋秀之『ある日、爆弾がおちてきて』
ある日、爆弾がおちてきて (電撃文庫)
 短編集。ちょっと不思議なボーイ・ミーツ・ガール物。“時間”を共通のテーマとしており、ラノベの短編の中ではかなり良く纏まっている。直球の恋愛もあり、ひねくれた関係もあり、最後まで飽きずに読めたのが好印象。何も考えずに読めるのも良かった。
 内容紹介は省略する。収録されている中で「三時間目のまどか」が好みの話。

読書日記 | 03:19:03 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。