■プロフィール

草野河豚

Author:草野河豚
東北人。現在は実家で修行中。
乱読気味で、読む本にバラつき有り。
ラノベ・ミステリ・ファンタジーを比較的好む。
あと軽くオタ入ってます。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリ
■作者タグ
■リンク
■FC2カウンター
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ジーンズにチェックのシャツ。
 職員採用試験の申し込みに行く。受験票に番号と試験地を書いてもらい、終了。この間三分に満たない。早過ぎる手続きに面食らい、挙動不審のまま役所を出てしまった。実際出口がわからなくなっていた。平常心平常心。
 
 帰りに文房具店に寄って、手帳用ペンとノートを買ってきた。思いついた事を好きにメモるためだが、ノートが微妙に大きく、胸ポッケに入らない。持ち運びを工夫しなければ。

 以下余談。
 東方で新作が出たようで。プレイヤーで誰が使えるか楽しみ。ついでに緋想天では小町が出てくるっぽくて吃驚。うちのPCでは動作も危ういので、しばらく様子見だけど、一度プレイしてみたい。
 また、オンリーイベントはニコ厨で大変だった様子。低年齢層が多いから? 
 流行が沈静化したら行ってみたいなぁ。

 ローゼンの第二話を読む。真紅復活したぜyeah! あのまま「失われたパーツを取り戻す」展開にならなくて良かった。この調子で他ドールズも復帰してくれると嬉しい。
 次回はきらきー? 電波ビンビンな台詞が楽しみ。

 飛浩隆『ラギッドガール』を読む。SF小説は設定が細かければ細かいほど味が出ると思う。一作目で不鮮明だった設定を補完していく。単純だけど、その世界に入り込んでいく感じがして面白い。
 詳細は読書日記に。

 夢野久作『少女地獄』(角川文庫)を読んでいる。先日の兄の「ドグラ・マグラ」がきっかけ。まだ「少女地獄」の途中だが雑感を。ユリ子の徹底した嘘と虚妄が、どんな風に主人公等を巻き込んでいったか気になる。物語背景にも依るが、一線を越えた思考が出てきそうで怖い(京極作品にも通じるものか?)。

 雑誌「Story Seller」を読んでいる。今回は米澤穂信「玉野五十鈴の誉れ」、佐藤友哉「333のテッペン」。どちらもミステリ(?)で楽しめた。米澤穂信のは、解釈の切り口をずらしたもの。佐藤友哉のは、もっと広い所にある狂気。どちらも余韻が心地よかった。
 次は道尾秀介「光の箱」、本多孝好「ここじゃない場所」を読むつもり。
スポンサーサイト


徒然日記 | 19:49:12 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。