FC2ブログ
 
■プロフィール

草野河豚

Author:草野河豚
東北人。現在は実家で修行中。
乱読気味で、読む本にバラつき有り。
ラノベ・ミステリ・ファンタジーを比較的好む。
あと軽くオタ入ってます。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリ
■作者タグ
■リンク
■FC2カウンター
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
合宿記録一日目。
 ※長くなったので畳んでみました。合宿一日目の記録です。




 今回の目的地は能登でした。例年通り、車持ちの人に乗せていってもらう形で宿に向かいます。集合時間だけ決めて、後はめいめい揃ったら出発。気ままな合宿が始まります。

 一日目は南氏の車。同乗者は一年生のH本君とM君。能登半島を回る前に、羽咋駅にあるという噂の「ジョジョ石」を見に行く事にします。

 今回の子らはなかなかにタフです。「オタク臭いCDでも大丈夫な奴来い」との呼びかけに応えただけあって、選曲もかなり混沌としていました。のっけから「やらないか」をかけたH本君はかなりの素養があると思います。

 ニコニコ国家で盛り上がりつつ、羽咋駅へ。真っ直ぐ来てしまったため、他の人たちはまだいません。ジョジョ石一番乗り。記念に写メを撮ってもらいました。(こちら

 また、持ってきたカメラで三人を撮影。率先してポージングするM君に熱い魂を感じます。向かいを呆れ顔で歩くおばちゃんも気にせず激写。本当は個別で撮りたかったんですが、都合上無理でした。その後、川の風景を一枚撮影。

 石を見終わったので、次は宇宙博物館へ向かいます。平日のせいか人も少なく、食堂・売店には店員の姿すら見えませんでした。「実は宇宙食を食わされるんじゃないか」と談義。展示物では、ロズウェル事件の宇宙人模型がひたすらグロテスクだった事を覚えています。後はタナカヒロヒト君とか。売店の宇宙食を嬉々として購入するH本君が輝いていました。

 と、ここで何故か他の部員と鉢合わせ。行く所は皆同じみたいです。もっちー氏の車のみ、他所を爆走中のようでした。

 その後、市街でお昼を食べてから、北へ。千里浜ドライブウェイを走り、潮干狩りの人びとを眺めます。窓からは潮風と、さざ波の音。皆無言で感じ入っていたようでした。適当な所で車を止め、砂浜で遊ぶ事にします。靴を脱ぎ、海辺で戯れる男たちを何枚か撮影。君らもうちょっと動こうよ、と思ったのはまた別の話。

 千里浜を抜け、今度は気多大社に向かいます。例のらきすた巡礼絵馬を確かめたかったのですが、非道いのは見つかりませんでした。ここでも幾つか写真を撮ったのですが、本殿に座っている巫女さんの為、多くは撮れず。

自分「……俺はらきすた厨じゃないんだがなぁ」
南氏「でも、カメラ持ってる怪しい男には変わりないさ」
自分「orz」

 気多大社の狛犬は厳かでした。

 さて、気多の次は厳門です。ごつごつと荒削りにされた岩と、海の青さが対照的でした。遊覧船他、船は小さく波間を漂っています。ここでも一枚。売店では鮫の歯が売られるなど、面白い物が多く、かなりのフィルムを消費。海は刺激的です。

 厳門の次はヤセの断崖へ。しかし能登地震の影響でか立ち入りが禁止されており、外から見るだけに終わりました。ちょっと残念。

 時間も押し迫っていたので宿へ。到着は自分たちが最後でした。
 宿の夕食はジンギスカン。おばあさんの采配が鮮やかでした。また食事中、ジンギスカンは鍋か否かで論争。焼き派と鍋派に別れたり。すき焼き・しゃぶしゃぶなどでも同様の論争がありましたが、関東・関西の違いがあるのだろうという結論に落ち着きました。宿の方がちょっと不思議そうな顔をしていたのが印象的。

 その後、二時まで合評。酒盛りへ。モノポリーをやる人、飲みながら話をする人など自由に過ごしておりました。

 自分は四時半頃に退席。後、聞いた話では五時頃まで人が残っていたそうです。
スポンサーサイト
徒然日記 | 21:50:04 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。