FC2ブログ
 
■プロフィール

草野河豚

Author:草野河豚
東北人。現在は実家で修行中。
乱読気味で、読む本にバラつき有り。
ラノベ・ミステリ・ファンタジーを比較的好む。
あと軽くオタ入ってます。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリ
■作者タグ
■リンク
■FC2カウンター
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
夏目漱石『こころ』
こころ (新潮文庫)
 古典中の古典。内容・粗筋は有名すぎるので以下略。
 先生という主人公を外面・内面から丁寧に描き出している。利己心・自責の念をこれでもかと描写。読了後は厭世的な気分になる事請け合い。

 人を信じなくなって、自分も信じられなくなったら終わりだなと痛感した。

 さぁ、そろそろ元気になる本を読もうか。
 
スポンサーサイト


読書日記 | 19:31:26 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

いやいやえん―童話
幼稚園の頃、読んだ本で思い出される本のなかの一冊です。幼稚園の、本の部屋の木の床に座り、窓からの秋の日のひかりや、かぜの香りの中で読んだ記憶が思い出されます。本は、その読んだときの思い出とリンクされ、思い出されるものなんだなと実感しました。お話の登場人... 2007-09-28 Fri 02:46:41 | ちひろの日記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。