■プロフィール

草野河豚

Author:草野河豚
東北人。現在は実家で修行中。
乱読気味で、読む本にバラつき有り。
ラノベ・ミステリ・ファンタジーを比較的好む。
あと軽くオタ入ってます。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリ
■作者タグ
■リンク
■FC2カウンター
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
古橋秀之『ある日、爆弾がおちてきて』
ある日、爆弾がおちてきて (電撃文庫)
 短編集。ちょっと不思議なボーイ・ミーツ・ガール物。“時間”を共通のテーマとしており、ラノベの短編の中ではかなり良く纏まっている。直球の恋愛もあり、ひねくれた関係もあり、最後まで飽きずに読めたのが好印象。何も考えずに読めるのも良かった。
 内容紹介は省略する。収録されている中で「三時間目のまどか」が好みの話。
スポンサーサイト


読書日記 | 03:19:03 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。