■プロフィール

草野河豚

Author:草野河豚
東北人。現在は実家で修行中。
乱読気味で、読む本にバラつき有り。
ラノベ・ミステリ・ファンタジーを比較的好む。
あと軽くオタ入ってます。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリ
■作者タグ
■リンク
■FC2カウンター
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
遠藤周作『海と毒薬』
海と毒薬
 戦争末期に起きた、「九州の大学付属病院における米軍捕虜の生体解剖事件」を小説化した物。
 最後の解説が無かったら、内容(意義)を理解できなかったと思います。

 人の暗い部分をかき集めているので、割と鬱になれます。注意。

 ていうか「ひぐらし」やっている時に読むもんじゃないよな、これ。

スポンサーサイト
読書日記 | 01:23:53 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。