■プロフィール

草野河豚

Author:草野河豚
東北人。現在は実家で修行中。
乱読気味で、読む本にバラつき有り。
ラノベ・ミステリ・ファンタジーを比較的好む。
あと軽くオタ入ってます。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリ
■作者タグ
■リンク
■FC2カウンター
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
谷川流『涼宮ハルヒの憂鬱』
涼宮ハルヒの憂鬱
 スニーカー大賞受賞、漫画アニメなどのメディアミックスで強力に押し出された話題の作品。それゆえ今まで敬遠してきましたが、ようやっと読むことができました。と言っても二時間半くらいですが。
 今作は、涼宮ハルヒという女の子が中心の、ドタバタ(?)非日常学園ファンタジーです(ファンタジーは違うか)。かなり有名だと思われるので詳細は省略します。


 「昨今の日本文化を集大成したような作品だなぁ」というのが読後の感想でした。実際に読めばなんとなくわかると思います。これでもかという位「属性」と「キャラクタ」と「要素」が詰め込まれていていっそ気持ちがいいくらい。他作品からパロディを持ってきている(*1)のもちらほら。よく作れたなと思います。
 また、文章が全てキョンの一人称・一人語りな点も面白い。適度に突っ込みを入れつつ流れる文章は全く無理なく読めます。寧ろ眺めるだけでも進めるのが凄い。読む楽しみは少ないけれど、たまには良いかもと思ってしまいます。
 残念だったのは、自分がすでに『涼宮ハルヒの憂鬱』の粗筋・内容を知ってしまっていたこと(*2)。「改めて読む」形になると面白さは半減します。全く、勿体ないことをしました。
 その所為か、登場人物も「狙い澄まされた」作り方のように見えて、どうも馴染めなかったり。
 まだ一冊目なのにお腹一杯です。
 続編をあまり読む気になれません。
 以上。

(*1)キテレツとナウシカが現在確認できるくらいですが。
(*2)MADムービーを見たのがいけなかったようです。

スポンサーサイト
読書日記 | 23:34:21 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。