■プロフィール

草野河豚

Author:草野河豚
東北人。現在は実家で修行中。
乱読気味で、読む本にバラつき有り。
ラノベ・ミステリ・ファンタジーを比較的好む。
あと軽くオタ入ってます。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリ
■作者タグ
■リンク
■FC2カウンター
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
朱川湊人『都市伝説セピア』
都市伝説セピア

 全5編の短編集。タイトルの通り、一種の都市伝説めいた話が収録されている。河童の氷漬けを見せられた主人公(「アイスマン」)。「昨日」を変えようとする少年(「昨日公園」)。都市伝説に魅せられた男(「フクロウ男」)。死者を想い続ける女性(「死者恋」)。罪悪の姿を幻視した男性(「月の石」)。

 話の随所に昭和テイストな単語が登場するので、年上の方には懐かしく感じられる所が多いのかもしれない。くどいくらいに場面を描写するので、わからなくても問題にはならないが、目には煩かった。個人差もあると思う。

 構成的に見てみると、各話において山(起伏)が少ないと感じた(特に「アイスマン」と「月の石」)。ダラダラしているのが原因かもしれない。しかし「フクロウ男」「死者恋」のように、人物の心情の推移を事細かに描く話は起伏に関係なく面白いと感じた。「昨日公園」は他のレビューでも見たが、落ちるべき所に上手く落ちた話だった。

 そんな感じ。
 収録作品の中で好きな話は「フクロウ男」。「死者恋」はエゴ満載で受け付けなかった。
 当たり外れの大きい本である。

 内容については詳しく覚えていないので書けない。

スポンサーサイト
読書日記 | 01:14:44 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。