■プロフィール

草野河豚

Author:草野河豚
東北人。現在は実家で修行中。
乱読気味で、読む本にバラつき有り。
ラノベ・ミステリ・ファンタジーを比較的好む。
あと軽くオタ入ってます。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリ
■作者タグ
■リンク
■FC2カウンター
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
古橋秀之『ある日、爆弾がおちてきて』
ある日、爆弾がおちてきて (電撃文庫)
 短編集。ちょっと不思議なボーイ・ミーツ・ガール物。“時間”を共通のテーマとしており、ラノベの短編の中ではかなり良く纏まっている。直球の恋愛もあり、ひねくれた関係もあり、最後まで飽きずに読めたのが好印象。何も考えずに読めるのも良かった。
 内容紹介は省略する。収録されている中で「三時間目のまどか」が好みの話。

スポンサーサイト
読書日記 | 03:19:03 | Trackback(0) | Comments(0)
古橋秀之『IX(ノウェム)』
IX(ノウェム)

 簡単に言えば、達人たちの闘いを描く小説。

 全編これ闘い。あとがきで作者自身「“武侠”小説(*1)っぽ」く「アクションに特化してチャンチャンバラバラ」と書いている。言葉通りとも言える。ストーリ的にひねったものはない。戦闘描写を心ゆくまで書きたかったと言うことだろう。

 ただ「ジャンプの十週打ち切り漫画」のような感じは拭えないと思う。アクションは面白かった。

(*1)武侠小説(ぶきょうしょうせつ)とは、中国の大衆小説の一種で、武術に長け、義理を重んじる人々を主人公とした小説の総称である。Wikipediaより)

読書日記 | 21:16:54 | Trackback(1) | Comments(2)
古橋秀之『超妹大戦シスマゲドン』
超妹大戦シスマゲドン (1)

 天呼ぶ地呼ぶ兄が呼ぶ、あれはぼくらの妹だ!! 操縦者の妹を無敵の超人に変える“妹コントローラー(イモートロン・システム)”を手にしたサトルとソラの烏山兄妹は、秘密結社<プリオン>と特務機関<COMP>の、世界の命運を賭けた妹戦争に否応なく巻き込まれていく……! ドリル、触手、ミサイルなど恐るべきチャームポイント(はぁと)を備えた超妹たちの挑戦! たたかえ負けるな妹よ!!
 ファミ通文庫初登場、奇才・古橋秀之の燃え燃えバトル妹ストーリー第一弾、ここに発進!
(裏表紙紹介文より)


 ……紹介文書くだけで胃が痛いです。『ブラックロッド』や『Ⅸ(ノウェム)』など、戦闘描写が燃える作品は読んだことがありますが、ここまでぶっちぎれた物を書くとは思いませんでした。
 古橋氏恐るべし。

 自分は、ギャグマンガのノリで読めました。パロディも多く、知っている人は楽しめると思います。

 まぁ、その、深く考えちゃ駄目ってことで。

 古橋氏に対する目線が180°変わること請け合いです。

『最強の妹が見たいか――――――ッ!?』
 ウォオオオ――――――ッ!!

(“S-1 WORLD GRAND PLIX”を前に沸き立つ兄と妹たち)



読書日記 | 20:52:05 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。